食品プロセス工学研究室

Laboratory of Advanced Food Process Engineering
(食品プロセス工学研究室)

理念
 わたしたちの食卓に提供されている農産物や天然成分は、消費期限を延長し、物性・生理活性・食感を保持させるように、様々なプロセス技術により加工されている。本研究室は、食品の加工、包装、品質管理、評価システムなど多様な観点から研究を行う。
本研究室は、過熱水蒸気調理、超臨界二酸化炭素抽出、湿式微粒化処理による分解・分散を重要な加工技術と位置付けている。食品の安全性や、おいしさとなる食感の情報処理解析などの非破壊的な品質評価システムを研究する。

 これまで得られた食品加工の基礎研究の成果を応用するために、2019年10月1日より、農業現場から消費に至るまでのフードシステムの構築に関する新しい取り組みを行う。本寄附講座では、高付加価値米、培養海藻類、クレソンなどの機能性野菜を研究対象として、食品の安全性やおいしさにつながる食感の情報処理解析などの非破壊的な品質評価システムについても研究するとともに、食品加工での廃棄物管理、副産物利用、省エネルギーを融合し、その成果を事例研究としていく。

 ベトナム科学技術アカデミー(VAST, Vietnam Academy of Science and Technology Institute of Chemistry)、ノルウェー科学技術大学(NTNU , Norwegian  University  of  Science  and  Technology)との共同研究に注力し、さらなる国際交流を深める。

特認教授 北村進一
特認教授 中田 靖

所在地
〒599-8570
堺市中区学園町1-2 大阪府立大学 生物資源開発センター(C8棟) 2F-202

アクセス
大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス
・南海高野線「白鷺駅」から徒歩7分。
・南海高野線「中百舌鳥駅」または、地下鉄御堂筋線「なかもず駅(5号出口)」から徒歩約13分。

大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス:アクセス

大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス:キャンパスマップ

生物資源開発センター(C8棟) (大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス)